チャンピックスは女性もニコチン入りガムとの併用

チャンピックスは内服の禁煙治療薬です。服用することでニコチンよりも先に脳内のニコチン受容体に結合するため、煙草を吸ってもおいしいと思わなくなる仕組みで禁煙を行うものです。チャンピックスは日本では処方薬となっており、禁煙外来などで手に入れることができます。医師の指導が受けられ、健康保険が利用できるため費用の負担も小さく、女性でも使いやすくなっています。
チャンピックスは服用しているうちに煙草をおいしいと感じなくなったり、味が変わったと感じることで喫煙習慣がなくなって行くものなのですが、人によってそのペースは違うためいつまでも煙草を吸いたいと感じてしまう人もいます。そのような時に通常のガムでは物足りないので、禁煙用のニコチン入りのガムを併用しようと思う人が居ますが、それはやめておきましょう。チャンピックス自体がニコチンをおいしいと感じなくしている物です。そこにニコチン入りのガムを食べても満足感は得られなくなってしまうため、ニコチンガムの代金だけお金を余分に支払って、おいしくない、と感じてしまうだけになります。また、外国のデータになりますが、チャンピックスとニコチン入りガムやニコチンパッチを併用したことで副作用が強く出たという報告もあります。副作用は吐き気、嘔吐、げっぷ、唾液の増加、めまい、腹痛、下痢などです。脳のドーパミンに直接作用するため気分が落ち込んでしまったり、衝動性が増してしまうという意見もあります。メーカーもチャンピックスとニコチンガムやニコチンパッチとの併用は避けるようにと言われています。口さみしいという時には、ニコチンの入っていないガムやミント菓子、口中清涼剤などを使用するようにしましょう。