高級葉巻が揃うダビドフとCOPD防ぐチャンピックス

ダビドフは葉巻たばこで有名なブランドです。ダビドフを作っている企業の製品には、葉巻たばこ以外にパイプや紙巻たばこ、香水などのラインナップがあります。
とても高価な葉巻たばこが揃っており、日本円にして1本2000円もする高級品が目立つという特徴があります。世界的に人気のブランドで、毎年のようにプレミアム製品が販売されることでも知られています。
小型のサイズから長いサイズまで存在し、好みにあう製品を選びやすくなっています。
愛煙家にとってはあこがれのダビドフですが、たばこを吸い過ぎると、ニコチン依存症を発症する危険を伴います。依存症になると、たばこがなければ落ち着かない状態に陥ります。
たばこの成分には有害な物質が含まれており、その煙を吸い込むことによって、COPDという病気のリスクが高まるようになります。
COPDになると、正常な呼吸が困難になります。すぐに息切れをしたり、痰が絡みやすくなるといった症状が見られます。過去には慢性気管支炎や肺気腫などの病名が使われていたものです。
症状が酷くなると、人工的な手段に頼って呼吸せざるを得なくなり、生活が不便になります。更に重症化すれば、5年の生存率が40%といわれるほど、命の危険を伴うようになります。
40歳まで喫煙を続けると、COPDにかかりやすくなりますので、できるだけ早い段階で禁煙をしたいところです。禁煙の成功率を上げるには、チャンピックスという処方薬を用いるのが有効です。12週間続ける治療法ですが、チャンピックスの服用を続けることで、12週間後の禁煙成功率を50%近くにまで高めることができます。
自力で禁煙ができない人なら、チャンピックスの利用を検討しましょう。