オールインワン化粧品の特徴とは - 敏感肌ならオールインワンゲルが良い

オールインワン化粧品の特徴とは

subpage01

オールインワン化粧品はその名の通り、化粧水や美容液など複数の役割を1つにまとめたものです。


本来であれば化粧水や美容液、乳液等をライン使いする必要がありましたが、オールインワン化粧品の登場によって1つで全ての工程を賄えるようになり、時間もお金も節約することが出来るため人気が出ました。

しかも使用頻度は少ないが、特別な肌ケアが出来るパックとしても使うことが出来るため、本当に1つあれば他には何もいらないことが最大の特徴といえます。

一流のオールインワンの化粧品サポートと断言できます。

これだけ見るとオールインワン化粧品は最高の働きを見せますが、何も欠点はないのか、といえばあります。


それは効果はライン使いよりも劣ってしまう、ということです。
化粧水には肌の保湿、美容液には美肌や美白効果、乳液やクリームには各成分を肌に閉じ込め働きがそれぞれにあります。

本来はそれぞれを順番に使用することで適切な効果をもたらすことが出来ますが、オールインワン化粧品は1つで全ての働きを担うため、それぞれの効果がごちゃ混ぜになり、効果が落ちてしまうのです。



もちろん効果が全くない、という訳ではなく、肌がしっとりしたりするなどの効果を得ることは出来ますが、もしかすると敏感肌や乾燥肌の人はなかなか改善されずに困っている、ということがあるかもしれません。



もしもそのようなことがある場合は、まずはライン使いをして肌質が改善されてから、オールインワン化粧品を使用することも1つの方法です。


自身の肌に合うような適切な使い方をしましょう。